感謝の気持ちを伝える|限られた人を招待できる式|少人数結婚式はメリットが多い

限られた人を招待できる式|少人数結婚式はメリットが多い

男性と女性

感謝の気持ちを伝える

のし

好まれるものを贈る

結婚祝いを頂いた後は必ずお返しをするようにしましょう。この時、頂いた結婚祝いの金額の半額から3分の1くらいの額でお返しをするのがマナーといわれています。しかしながら改めてお返しと考えるとどんなものをお贈りしたら良いのかわからなくなってしまうと思います。先方の好みがよくわかっていれば良いのですが、必ずしもそうではないと思います。よく選ばれる定番としてはタオルギフトやお菓子などがあります。普段なかなか自分で買う機会のないブランドもののタオルギフトや有名店のお菓子のセットなど、貴重なものを選んでお贈りするときっと喜ばれると思います。その他紅茶やコーヒーなどのギフトも長く楽しめるものなので、結婚祝いのお返しとして選んでも良いでしょう。また、カタログギフトも人気の定番となっています。

贈る時期

結婚祝いのお返しを贈るのはとても大切ですが、その時期についてもきちんと考慮する必要があります。基本的には結婚祝いを頂いてから1ヶ月以内に送るのがマナーです。頂いてからあまりにもすぐにお返しをしてしまうと、お祝いをもらうのを待ち構えていたかのようになってしまうので、早すぎるお返しはしないほうが良いでしょう。また、あまりにも遅すぎるのも大変失礼にあたります。そのためだいたい1ヶ月以内を目途にお贈りすると良いといわれています。基本的には手渡しがベストなのですが、遠方にお住いの方から頂いた場合は宅配便での郵送になります。この時に感謝の気持ちを伝えるためにメッセージカードを付けたり、あらかじめお電話でお礼をするなどしましょう。