限られた人を招待できる式|少人数結婚式はメリットが多い

新郎新婦
招待状と花

結婚準備に必要なもの

結婚式の準備に当たって、重要なのが招待状の作成です。招待状を自作する際には、招待客の名前、住所の誤字脱字チェックはもちろんのこと、季節の挨拶や慶事用切手を使用するなど常識にのっとったマナーを守り、心をこめて作成することが大切です。

ビデオ

映像演出の作り方

プロフィールビデオは、結婚式で流す映像演出の定番です。プロフィールビデオを自作する際には、新郎新婦の偏りをなくすことや、状況が分かりやすいものにする、など写真の選び方に気を付けることが重要となります。

夫婦にとって最良の式

男性と女性

人数を限定する

理想的な結婚式の規模は夫婦によって異なります。中には心打ち解けた人達だけを招いた式を行いたいと考える方々もおられるでしょう。その場合は少人数結婚式をセレクトしましょう。少人数結婚式は、大々的な式は緊張すると言う夫婦にとっても向いています。パーティー感覚で挙式できるプランを採用することによって、カジュアルに式を開催できるのです。結婚式の形に規定はありませんから、フレキシブルに夫婦らしい式を考えてみましょう。また少人数結婚式であれば両親だけを招いて挙式することも可能です。夫婦を育んでくれた人達に最大限の感謝を伝えたい場合、こうした式を行ってみましょう。中には新郎と新婦だけで式を行う方々もおられます。

選択する理由

大規模な結婚式を開催する場合、準備に時間がかかります。大勢の人達に満足してもらうためには料理や引き出物の用意も一筋縄ではいかないのです。しかし少人数結婚式であれば顔馴染みの人達だけを招けますから、こうした点で手間をかける必要がありません。またそれだけ多くの参列者にとって満足度の高い式を開催しやすいのです。転勤などが控えている夫婦であれば結婚式の準備に割く時間がないものですが、少人数結婚式であればそうした問題を省けます。他にも少人数結婚式であれば、式そのものの時間を短縮することも可能です。披露宴だけで式を終えたい場合、参列者を少人数に抑えてみましょう。こうした式は人生で二度目の挙式を考えている夫婦にとっても選択しやすいのです。

のし

感謝の気持ちを伝える

結婚祝いを頂いた後はお返しをきちんとしましょう。この時お返しするものに検討がつかない場合は、定番のタオルギフトやお菓子、カタログギフトなどが喜ばれます。お返しの時期については早すぎず遅すぎずで、1ヶ月以内にはするようにしましょう。